« 2017年5月 | トップページ

輪針で同時編み 完成

今日は知事選挙の日。
あいにくの雨の日曜日。
昼前 止んだ合間に投票に出掛ける。
 
2月10日から編み始めた靴下がやっと完成する。
殆ど左右が同じ縞模様に出来上がる。
輪針を使い同時に一足編み上げる編み方で少々 頭の良い刺激にもなった。


Dsc02877


Photo


Photo_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生き返る

昨日の恵みの雨で全ての生き物が生き返ったように元気を取り戻す。
充分な雨量のお陰で暫くは気を揉まなくても良さそう、、、、、。


1

2

3

4

5

モロッコ豆を沢山 収穫する。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待望の雨

今朝から待望の雨が降る。
約三週間振りの雨。
枯れかかっている庭の草花が生き返る。
被害が出ない程度に沢山降ってほしいものだ。
気温が低い為 編みかけのソックスを出してくる。

Photo


Photo_2

Photo_3

気候不順と水不足の為?夏野菜の出来が悪い。

やっとピクルスをひと瓶作る。


1


2


3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の絶滅危惧種

庭の植物達もこちらの思い通りには育ってくれない。
「京鹿の子」は約30年 引っ越しにも耐え、細々と毎年 少しの花を付ける。
 
Kさんに頂いた赤が綺麗な「ヤマアジサイ」も生き絶え絶え。
今年はさし芽をして新しい苗作りをしなくては、、、、。
 
京鹿の子

Photo

ヤマアジサイ

Photo_2

今日のノラ

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

根腐れ

また一株 大株になった柏葉アジサイが枯れてしまう。
原因は多分 根腐れ。
大々的に土壌の改良をしなければ、、、、。

Photo


さし芽の適期がやって来た。

薔薇、ラベンダー、ワイヤープランツ、蔦などを挿す。

Photo_2

紫陽花の種類は「お多福」

Photo_3


西洋紫陽花 「アナベル」の蕾

Photo_4


アナベル 開花。


Photo_5

アナベルの大株


Photo_6






| | コメント (0) | トラックバック (0)

三種類の媒染で

最近 何だか涼しい日が続く。
昨日 また蕨のたけた葉を3キログラムほど刈り取って来る。
以前 紡いでおいた糸を染める為に。
久し振りの糸の染めに緊張する。
媒染はアルミ、鉄、銅で。
まづまづの色に染まる。

1

2

3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕨で若草色

昨日は一日中季節はずれの強風が吹き荒れる。
柏葉アジサイは左右に頭を揺られながらも耐え忍ぶ。

2

蕨で草木染。

優しい若草色に染まる。

媒染は銅。

Photo


1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も草木染め

昨日の薔薇の花びら染。
地味な朽葉色になってしまう。
藍で重ね染めをすれば渋いグリーンになりそう。



Photo

今日は蕨で染めてみる。

午後からひとっ走りして蕨を採りに行く。

荒れたお茶畑の土手に開いた蕨を沢山見つけゲットする。

しおれない内に急いで細かく切り、染液を出し、何時もの手順で染めていく。

木々の新緑のような淡い黄緑色に染まる。

明日 朝の自然光の中で記録の為の写真を撮る予定。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花びら染

昨日のセージで染めたマフラー。
明るい洋辛子色に染まる。

Photo

昨夜来の雨で薔薇がとても痛み落花盛んとなる。
思い切ってバッサリ切る。
「そうだ、、、花びら染をしてみよう」と思い立ち花びらだけを集める。
草木染の手順で丁寧に染液を二度煮だす。
こんなに美しい染液は見た事がない。
アンジェラーという薔薇の色素が全て出た感じ。
ワクワクしながら時間をかけて作業を続ける。
媒染液に浸ける前はほんのり赤味かかった「朽葉色」
その後 1パーセントの銅媒染液に浸けると赤味がすっかり消えてしまいがっかり。
気を取り戻しもう一度 染液で煮る。
このまま一晩 浸ける事に。
難しい~。
この染液の美しい赤が木綿に吸着してくれない。
やはり「茜」や「紅花」で染めないと赤は難しいのかも、、、、、、。

 
薔薇の品種はアンジェラー。

1


アンジェラーと他 三種類の薔薇。

2


染液。

3


煮出した後の花びら。

4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ