« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

二度目の満観峰

朝食を済ませ6時半前 主人と「満観峰」へハイキングに出発。
途中 車の中からご来光を見る。
頂上からの富士山を想像しながら急ぎ足で登る。
8時半過ぎ 頂上に到着。
今日は一番乗り。
朝日に輝く富士を見ながらシュトーレンでコーヒタイム。
二人だけの静かで贅沢な時間が流れる。
「花沢の里」への帰り道 常連さん達が三々五々登ってくる。


Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の富士山

丁度 一週間になる。愛犬メリーが亡くなって。
何だか家の中が広く感じる。
また買い物から帰宅した折は家も中の空気が冷たく感じる。
気分転換に今朝もウオーキング。
富士山が見える小高い山 白巌寺まで。
お天気は上々なのに富士山は霞みの向う。
今朝は気温が高い為 透明度が低く残念。
でも良い汗をかく。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4


| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪化粧

今朝は冷え込みが強く早く目が開く。
もしや、、、、とシャッターを上げると予想通り庭はうっすら雪化粧。
ニュースでは日本海側や北海道の大雪の映像が流れる。
交通事故が起こらないよう祈るばかり。

早朝の庭

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メリーが天国へ

14日 日曜日朝 愛犬メリーが天国へ旅立ちました。
生まれて二ヶ月余りで春に新築したばかりの我が家に来ました。
あれから十五年 我が子のように過ごしてきました。
○○バカと言われてもいいのです、、、、とっても賢い、本当に可愛い子でした。
最近は耳が聞こえなくなり、目も悪くなり、皮膚には沢山の出来物が出来、殆ど一日中寝るようになっていました。
先週金曜日から体調が悪くなり、日曜日朝 七時過ぎ主人と一緒に最後を看取りました。
亡くなった今 どんなにか私を癒してくれていた事かと痛感しています。
思い出しては涙 涙です。
我が家を訪れてメリーを可愛がって下さった皆様に「ありがとう」です。


Photo


Photo_2


| | コメント (4) | トラックバック (0)

藍色のマット

頂いた端切れを裂き 裂き織でマットを織り完成する。
筬、縦糸、横糸のバランスが少し合わず織り上がったマットが少々軟らかい。
縦糸に麻糸を用いた方が良いと加藤先生からアドバイスを頂く。
タペストリーとして壁に掛けても面白いかな、、、、、。

Photo

今朝は今季一番の冷え込み。
夢咲菜は霜で真っ白。
この霜に会えば会うほど美味しくなる。

Photo_2


Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

橋の上から

今朝も違った角度からの富士山を見たくて散歩に出掛ける。
速足で20分 ギネスに登録されている大井川に架かる木の蓬莱橋の上から富士山を見る。
河風が冷たくカメラを持つ手が凍る。
せっかく来たのだから、、、、、と向こう岸まで渡り戻ってくる。
このような物好きは私だけかと思っていたら寒さと風に震えながら渡ってくる一組のアベックに会う。
美しい富士山が見れて良かったね。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4


Photo_5


Photo_6


Photo_7


| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬の富士山

今朝は一番の冷え込んだ快晴の朝を迎える。
余りにもパッキリと透明感がある為 今朝のウオーキングは我が家から見えている標高160メートルの小高い山にデジカメ片手に出掛ける。
目的はそこからの富士山をカメラに収める事。
予想が命中。
夏場は霞んで殆ど見えないが今朝は空気が澄んでる為 雪を頂いた綺麗な富士山がはっきり大きく見る事ができた。

Photo


Photo_2


Photo_3


大井川の向うは牧の原台地
台地は一面のお茶畑が広がっている


Photo_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は快晴

今朝 真っ暗い中 一番の新幹線で関西までお墓参りに出掛ける主人を駅まで送る。
家に戻りやっとしてから東の空が明るくなる。
真夏に比べると二時間近く遅い日の出。
今日は裂き織のマットが織り上がるかな、、、、。

Photo


Photo_2


Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

緯糸  足りるかな ?

45×200 のマットを織るには、、、、、裂き布の量がさっぱり計算出来ない。
とりあえずタコ糸を経糸にして整経をする。
超極細の絹糸から超極太の木綿のタコ糸の糸の扱いに戸惑う。


Photo


Photo_2


Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »