« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

行きつ戻りつ

機織りもスムーズに日々のノルマをこなし、この調子、この調子と織りを楽しむ余裕が出来てきた。
夜なべは無理だと思っていたがこの調子だと大丈夫かも、、、、、、昨夜 三時間ほど頑張る。
今朝 見てビックリ !!!縦に変な線が、、、、。
このまま織り進むと後になって後悔すること間違いなし。
15センチほど思い切って解く。
経糸を均一に張るという基本が出来てない為トラブルに悩まされる。
絹糸のご機嫌をとりながら気長に焦らず織って行くしかない。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コツが少し解る

肩の力も抜けやっと調子が出てきた。
経糸と緯糸のバランスが解ってきて縦にシボが入らなくなってきた。
紬の生地らしくなってきた。
でも織り始めから1メートルは使い物にならない。
この調子で最後まで織れると良いのだが、、、、、。
1日に織れるのは精々15センチ余り。
年内に織り上げるのは多分 無理。

Photo


老犬メリーはとにかく良く寝る。
所かまわず、、、、、料理している私の足元で高イビキ。

Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

モッコウ薔薇の手入れ

明日から天候が下り坂の予報。
今朝は太陽も照らない為 午前中は久し振りに庭仕事をする。
暴れに暴れるモッコウ薔薇のシュートの剪定をする。
三時間余りでごみ袋5個も出来る。
中の方に百舌鳥の巣を見つける。
半野良ネコがウロウロしてもここなら大丈夫。
良い場所を見つけたものだ。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敬老の日

「敬老の日」は見事な朝焼けで始まった。
シャッターチャンスは5時33分にやって来てアッという間に消え去った。
敬老会を欠席した主人に昼前に組長さんが紅白の御饅頭と商品券を届けて下さった。
トースターでこんがり焼きお茶と一緒に頂く。
あやかる事が出来ますように、、、、、。

Photo


Photo_2


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一喜一憂の日々

織を開始したもののまだまだコツが掴めない。
経糸の張り具合が強いと縦にシボが入る。
「ばったん」の扱いも難しくモタモタしていると経糸が切れたり緯糸も切れる。
経糸が切れるととても厄介。
冷や汗がどっと出る。
日々の雑用もこなしながらの織はなかなかはかどらない。
気長に焦らず少しずつ織って行こう。

Photo


Photo_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

二度目の正直  吉と出た。

昨日 一日がかりで筬に通し直す。
一回目は二日がかりで通したのが流石二回目はそれなりに要領がわかり、今朝 糸の張り具合を丁寧に調節する。 
二度 同じ間違いをしない為に直径8ミリの棒を用いた結果が吉と出るか凶と出るか、、、、。
踏木を踏む瞬間は心臓がドキドキ。
やった~  大吉。
630本づつにパカッと完璧に開いている。
織はここまでの工程が済めば90パーセント出来たと思っても良い。
後の10パーセントは緯糸を通して織るのみ。
急がず織りを楽しもう。


Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

試練が続く。

用意周到、、、、今日から織りに入ろう、、、、、。
先ずは試し織をして、、、、。
キャ~   二か所が変。
良く見ると筬の目に二度絹糸を通してしまっている。
それも筬の中央近くで。
神がお与えになった試練。
頑張って乗り切るしかない、、、、、とまた始めから。Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦手な根気と集中力

昨日と今日は少し暑さが戻り日中は28度になる。
やっと寸間60羽(一寸の中に60目)の筬にまた絹糸を一目に二本づつ通し終える。
メガネの上に拡大鏡を乗せ、部屋のライトと手元にもライトをつけても筬の目を間違えそうになる。
私が一番苦手な根気と集中力が必要な作業がやっと今日で終わる。
後は織るのみ。
明日からは織る楽しみが待っている。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »