« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

大丈夫?蝉の幼虫

宿根草の株分けや植え替えは芽が動き始める前の2月が適期。
急がなくてはと以前から気になっていた駐車場の横を3日前より掘り始める。
大きな石がゴロゴロ出てきては大井川の河川敷まで捨てに出掛ける。
春の花壇をイメージしながら、休み々の作業は後 1日かかりそうだ。
今日はうっかり蝉の幼虫を潰すところだった。
さぞびっくりした事でしょう。
半年も早く叩き起こされて。
埋め戻したが大丈夫か心配になる。


Photo


Photo_2


Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭の模様替え

家の南側に植えたドウダンツツジが場所が合わず半日蔭の場所に植え替えをする。
その跡へは乾燥と日当たりを好むオリーブの木を2本植える。
異なった種類を植えるのが良いらしい。
また蜜蜂が受粉を助ける為1メートル離して。
庭でオリーブを収穫! ! !夢ではないかも、、、、、。

Photo


Photo_2

大井川河川敷の早咲きの桜

2014022314020000_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母との別れ

2月14日 関東や関西地方に記録的な大雪が降ったバレンタインズデイに母が亡くなってから今日で1週間が経ちます。
頑張って96歳まで生き最後まで「人生とは」を私に教えてくれました。
今頃は56年前に私達 3人の子供と両親を残して旅立った父に会っていることでしょう。
感謝してもしきれなく、「ありがとう」を何度言っても言い足りなくて、、、。
とっても寂しくなりました。
心に大きな大きな穴が開きました。
とっくの昔に親離れ(乳離れ)していた筈なのに、、、、。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

いよいよ後 三枚

今年 初めての「パオパオ」の作業日。
山道の脇には先日の雪が少し残っている。
川根本町は」町とはやはり温度が違い空気が冷たい。
でも薪ストーブの焚かれた土間続きの板の間は暖かく作業がはかどる。
一番難しい「真空状態」にする作業で手こずるが午前中には九割出来上がり、昼食後早々と完成。
いよいよ後三枚にこぎ着ける。
午後は塵取りとカードも出来る。
今後の作業の予定を皆で確認して解散。
短い々一日が終わる。

2014021313510000_2


2014021313520000_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

春 近し

花芽が沢山見えて来た為 古い葉を切り取る。
この古い葉はまるでノコギリの様にとても硬く風が吹けば蕾を傷付ける。
花茎はまだ短いが今年も沢山蕾を付けていて今から二ヶ月余り楽しめる。

Photo


Photo_2


Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

模様がバッチリ

何時も愛用しているポットカバーを色違いで編む。
2号針はめったに使わない為慣れるのに少々時間がかかる。
複雑な模様は結構 神経を使う。
でも何時もボンヤリしている私の脳を刺激してくれる。
細かい模様は編んでいる途中では気付かず、仕上げのフェルト化を済ませ、浮き上がる模様で間違いが分かる。
今回はまずまずの出来栄え。

Photo


Photo_2


Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

体力の低下 ?

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4


先週 四年ぶりに富良野へスキーに出掛ける。
久し振りのスキーだからと無理をしないで楽しんでいた筈が五日目に少し風邪気味になり、土曜日の帰宅後に熱がでる。
スキーに備え今年になってからスクワットを殆ど毎日 少し行っていた為 足の疲れは殆ど感じず体調も上々だったのに、、、。
やっと今日 午後から平熱になる。
それにしても近年のゲレンデの様変わりにはビックリ。
100人乗りのゴンドラの中は数ヵ国語が飛び交っている。
春節の休みで中国からのスキーや雪見の観光客が多い事にも驚く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »