« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

羊毛が染まる

「西洋 茜」を何度も煮出し原毛を染める。
無理だと思っていたのに結構 鮮やかな良い色に染まる。
織りや編み物の挿し色として重宝しそう。
早速 紡いでみよう、、、やる気が失せない間に、、、。

Photo


Uru


| | コメント (0) | トラックバック (0)

西洋あかねで草木染

先日 Yちゃんに見せてもらった草木染に刺激を受け、10年ぶり ???に絹のストールを染めてみる。
何時買ったか記憶にもない程むかしに買った「西洋 茜」の根があるのを思い出しトライする。
物の本によれば「古い草木の染料」は色が染まりにくいとあるが、結構 濃い色の染液を抽出出来、また「絹」は木綿、麻、ウールに比べダントツに染まる為 まずまずの染め上がりとなる。
大判のストールは薄色に、小さなマフラーは濃い目に染め上る。
「日本茜」は飛鳥時代 令の服色を染める為に使われていたそうな。

Photo


Photo_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

早々と賀状のプリント

昨夜から降り続く冷たい雨。
雨の日は気分が落ち着く。
午前中 年賀状のプリントを始める。
犬の寝息をBGMに先ずは宛名を刷り終える。
そろそろクリスマス用のフルーツケーキも焼かなくては、、、。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄金の手

先週 金曜日 羊毛造形作家 鈴木オリエさんの個展を見に出掛けた。
鈴木さんは今年 京都で開かれた「ヒツジパレット」 (羊毛を使った作品展)で263点の出品作品の中で人気投票一位 金賞を取られた方。
今回も素晴らしい作品の数々に息を飲む。
鈴木さんの作品は色合いがとても良く、形はユニーク、その上 技術も完璧であまりの凄さに作品の前から動けなくなる。
ニードルでこのような作品を作るなんて、、、「黄金の手」を持っているとしか言いようがない。
よくよく拝見して帰り、真似事をするが自分の不器用さ、センスのなさに嫌気がさす。
本当に良い作品を見せて頂き沢山の刺激を受ける。

Photo


Photo_2


Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

パオ 完成の目処が立つ。

羊仲間で「パオを作ろう」と言い始めて丸4年。
遂に今日 パオの骨組みを組む。
これからパオの完成に向かっての具体的な計画を立てる事が出来、皆の気持ちが再度 奮い立つ。
胴回りの11枚のフェルトは既に出来上がり後は縫い合わせるのみ。
これから屋根と入口のフェルトを作る。
気合を入れ直し完成に向かってレッツ ゴー。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4


Photo_5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

好物の到来

お在所が富士市の花友達のTさん。
お里帰りをして来たと言って富士にしかない「四つ溝柿」をお土産に下さった。
Tさん 御年 83歳。
人生のお手本にさせてもらっている中の一人。
この十字に溝のある柿。
私は初めて見る柿。
小粒だが種も無く甘い。

Photo


Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良の山里は、、、。

急に冷え込んで来た奈良の山里は静岡よりひと足早く紅葉の季節を迎えていた。
桜は殆ど落葉しているが、杉や檜の緑をバックにイチョウやモミジがよく映えて美しい。
美しい落ち葉を拾い集めた子供時代を思い出す。

2012110309300000_2


2012110309280001_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬支度

今朝の気温はなんと8℃。
いよいよ秋 本番。
春から咲き続けたハーブ類も花がつかなくなる。
今日も半日 庭仕事。
来年の為に思い切って切り詰める。

Photo


Photo_2


Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »