« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

紫陽花色々

普通の紫陽花に先駆けてアナベルと柏葉紫陽花が見頃になる。
どちらも花期が長くアナベルは秋まで楽しむ事が出来る。
挿し木の成功確率 100パーセント。
虫も付かずとても育てやすい。
色がまた良い。飽きのこない黄緑がかった白。
鬱陶しくなる梅雨時の気分が爽やかになる。
1


2


3


4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱帯低気圧に、、、。

台風2号が熱帯低気圧になり降り続いた雨が小降りから霧雨に。
朝 八時半 霧が徐々に晴れて来た。
水をいっぱい吸った植物は重そうに頭を垂れている。


Photo


Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

薔薇の当たり年

薔薇にも「当たり年」があるのならまさに今年は当たり年。
10種類以上ある薔薇がどれも見事に咲き誇っている。
庭に出るとおとなしい優しい香りが漂っている。
見頃は後 2、3日。
朝の花がら摘みもまた楽し。
1


2


3_2


Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も、、、再会

今朝は今にも降り出しそうな空模様。
物干し台の近くから賑やかな蛙の声が聞こえる。
いた いた 今年も同じ竿の中に。
毎年 見掛ける雨蛙かどうか分からないがこの朽ちた物干し竿の中は居心地が良いらしい。
昼間 じっとしていれば安全だからね。
百舌鳥やカラスが狙っているよ。

Photo


Photo_2


Photo_3


| | コメント (2) | トラックバック (0)

散らばる前に

昨日は気が付かなかった物干しの股の所に何か黒い塊を見つける。
よく見ると蜘蛛の子。先ずはデジカメで撮ってから、、、。
大急ぎで、でも注意深く両手にティッシュを持つて挟むように塊を掴み取る。
袋に入れて、、、可哀そうだが足で潰す。
夏場 細長い我が家の庭は先ずは蜘蛛の巣を掃わないと通れない程 蜘蛛の巣に悩まされる。
散らばる前の大捕り物。
Photo


Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅い薔薇の開花

今年は薔薇の開花も10日遅れ。
やっとちらほら咲き始める。
昨日の最高気温は34度を超え、今日の予報は最高気温18度。
身体も草花もこの気温差に戸惑っている。
1


2


3


4


5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

五月晴れのお出掛け

大型連休の最後の日曜日。
藤枝の山奥の「びく石わくわく祭り」へ友達と出掛ける。
若い子供連れの家族が上手に自然の中でゆったり楽しい時間を過ごしている。
「玉虫を育てる会」の会長さんという人に玉虫の話しを聞かせてもらい山里へのあつい思いに感心させられる。

1


2


3


5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気に入りのお花屋さん

家の近くに私が大好きなお花屋さんがある。
お花の取り合わせや色合いがとっても素敵。
お見舞いやお祝い用にお願すると送る相手の性別、年齢、好みを聞いてアレンジをして下さる。
明日は「母の日」。
優しい色で可愛くまとめられた花束(オアシスに挿している)を求め、今朝 一番の新幹線に乗って奈良へ出掛ける。
母の優しい笑顔に会いに。

Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンギョの剪定

庭木の中でも特に新芽がよく伸びるレンギョ。
お隣との境にある為伸び放題にしておけない。
今年の出来上がりは、、、まずまずの仕上がり。
Photo


Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイトガーデン ?

何時までも見ていて飽きない色  白。
庭のあちらこちらに白い花が咲き乱れている。
一箇所に集めて植えれば、、、ホワイトガーデン。
何故かこの時期 白色の花が多く咲いている。
2


3


4


5


6


7


8


9


10


11


12


1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワークショップ

昨日はデンマーク牧場の春のお祭り グリーンズフェアーに出掛ける。
うす曇でお祭りには丁度良い気温。
年々 参加するお店も増え沢山の人達で賑わう。
今年はペーパーウエイトのワークショップのお手伝い。
沢山の子供達が参加して自分が作ったペーパーウエイトに満足気。
牧場の美味しいソフトクリームやドウナツを買ってもらい、羊の毛刈りに目をまるくして、子羊のレースに声援を送り、、、、若い親子の楽しい一日。

Photo


2


3


4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

桑の木の器

雨の日曜日。静岡市で開かれている作品展に出掛ける。
陶、ガラス、木の器展。
藤枝の山奥で木工細工に頑張る彼女は「努力」の人。
何時の間にか腕をあげていた。
木の器はどれも素晴らしく美しい木目を上手に引き出している。
使うほどに味が出そうな直径15センチの器をゲット。
C


D


A


B


E


| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり、、、さすが

リビングの壁面を飾るタペストリーが欲しいと思って何時の間にか13年。
何時もは小さな写真の額が一つかかっているだけ。
好みに合ったタペストリーはなかなか見付からない。
それならば、、、自分で作る事にする。
織物を三枚 並べて一つの作品に仕上げよう。
材料の糸の準備はすでに出来ている。
後はタペストリーのサイズを決める事。
古新聞を貼り合わせ壁にガムテープでとめてみる。
しっくりこない。
何度も折ったり広げたり。
1対1.6の比率 すなわち黄金比率に近づくと何故か気分が落ち着く。
やはり研究され尽くされた比率は凄い。


1


2


3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »