« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

ご心配 かけました

六日間 留守にして昨夕 帰宅しました。

メリーがやっと元気になり、今朝は久し振りに最短コースですが朝の散歩も完歩出来ました。

大きな地震が起こりませんように、、、。

 Photo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

地震の恐怖が痕を引く

Photo

Photo_2

地震のショックからか、、、元気がなくなってしまった。

よほど怖かったのでしょう。

昨日も殆どこのような状態。

地震があった日の朝の散歩は途中から抱きかかえ連れて帰ってくる始末。

今日は餌は食べたものの肘掛に顎を乗せたまま動こうとはしない。

自然に元気がでるまで見守りましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

恐ろしい一日

早朝 5時07分 「とうとう東海地震がやってきたか」と思わせる強い横揺れを感じる。

まだ寝ぼけている状態なのに何故か「出口確保」が頭をよぎり「ドアを開けなければ」とまだ揺れている最中に動きベッドから墜落。

左肩を打撲する。

骨折はしていないようだが今も少し痛い。

「揺れている間は動かない」の鉄則は知っているが、とっさの地震では鉄則もなにもかも何処かに飛んでいってしまい、、、あぁ~怖かった。

写真立てが2個 飾り棚から落っこちただけ。

先ずは無事に感謝 感謝。

そそっかしい性格が我ながら情けない。

本当の東海地震に備え時々シュミレーションしなくては、、、 怖い一日が終わる。

 Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

優しい手

 Photo

91年使い続けた母の手。

とても優しく、また器用で何でもこの手で作り出した手。

子供の頃 よく歯痛や腹痛を起こした私に、この手でどれ程痛さを和らげてもらった事か 母の手の感触、温もりを思い出す。

優しく、優しく長時間 撫ぜてくれた手。

私も母の手のようになりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おじゃみ

「お手玉」なんて言っても私にはピンとこない。

やはり「おじゃみ」が馴染む。

子供の頃 母がよく作ってくれた。

針を持ち始めたのは何歳だったか記憶にはないが、祖母や母が着物を仕立て直したり、冬に向けての「綿入れ」等を縫っていた時、簡単な「おじゃみ」の作り方を母に教わった記憶がある。

超簡単な俵状のおじゃみを作り、運針が少し上手になった頃、この四枚接ぎのおじゃみの作り方を教わったものだ。

来週 母を訪ねる時 途中まで作った材料を持って行き一緒に仕上げよう。

きっと おじゃみで遊ぶ時の歌を思い出すかもしれない。

90歳を超え日増しに薄れて行く記憶、、、寂しい、、、もう少し留めておけないものかしら、、、。

 Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

木登りカボチャ

今日 東海地方に待ちに待った梅雨明け宣言が出た。

湿度も少なくカラッとした夏がやって来た。

今年は春にカボチャの苗を六本植え、7個 収穫出来そう。

最後の一個は何故か高いコブシの枝の中。

何時の間にかフェンスをつたい、垂れ下がったコブシの枝に絡みつき、、、。

地上2,5メートルの所で直径20センチに育っている。

生命力旺盛なこのカボチャのお味は? た の し み。

Photo

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迫力不足!の案山子

 Photo

隣地の田に案山子が立てられた。

80歳を超えている夫婦が耕作と管理をまかされている田。

軽トラックに乗せて持って来て奥さんが立てた案山子。

でも何だか迫力がない。

役に立つかしら???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »