« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

初雪

久し振りに気ままなドライブで紅葉狩りに遠出をする。

群馬県は上信越高原国立公園の万座温泉に向かって29日 朝出発。

清水→甲府→須玉→清里→佐久→軽井沢→嬬恋→万座温泉へと北上するにつれて紅葉前線も北上し見事な錦に染まる山々。

なんと嬬恋から万座温泉への万座ハイウエーに入ったころから雪が降り始め、オッカナビックリでソロソロと走りやっと目的地に到着。

気温は6℃。一面の銀世界。

思いもしなかったオマケ付きの二泊三日の旅になりました。

 1 Photo 3 4 5 6 7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊久身まつり

たしか今日は伊久身まつり。

八時過ぎのにわか雨が上った為 車で三十分の伊久身へひとっ走り。

山里ならではの出品物に多くの人達で賑わっている。

ヤマメや鮎の塩焼き、清流で獲れるモクズガ二、キノコ類、、、。

新の黒豆と小豆をゲットする。

 1 2 3 4 Photo 6 7 8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨大マット作りのプロ集団になるかも、、、ね。

今日の「羊ボランティア」は売り物の巨大マットをなんと二枚も仕上げる。

カラードと生成りを1キロづつ 裏表にして2キロで一枚のマットになる。

マット作りの回数も増え、メンバーの意気も合い、作る度にまた新たにコツが分かってくる。

この調子だとまだまだ時間短縮も出来そう。

前回のパオ用マットには製作日が刺繍され、パオにかけるカバーの縫製も始まる。

 Photo Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大失敗 トホホホ、、、

昨日のリンゴジャム 一晩 冷蔵庫で冷やしても少しとろみが付いてるだけ。

ゼリーには程遠く、ベテランのTさんに電話で尋ねる。

作り方は殆ど同じとの事。「もう少し煮詰めれば。でも煮詰めすぎると飴になるよ」とアドバイスをもらい早速お鍋に戻して煮詰める。

ほんの少し煮詰めたつもりが、、、、、飴状に。

昨夜のあのルビー色は濁り、めざす滑らかなプルンプルンのゼリーには程遠く、、、。

大失敗の巻き。

気を取り戻し明日の「羊ボランティア」へ持参のおやつ作りをする。

収穫したばかりのさつまいもでスイートポテトを。

今 我が家はシナモンの香り。

Photo_2 Photo_3 Photo_4

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝石色のジャム

スーパーで紅玉を見かける。

数年前 「羊ボランティア」の仲間だったTさんに頂いたリンゴジャム いえいえ リンゴゼリーは煮たリンゴを布で漉し砂糖を入れ煮つめた物。

紅玉が適していると聞いていた為 ネットで作り方を見付け早速作ってみる。

初めて作る為 全てが適当に。

少し煮詰め過ぎたかしら。でもまるでルビー色。

甘酸っぱい香りが家中漂っている。

 1 2

3_3 4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫の秋

今日も素晴らしい秋晴れ。

故郷の神社では今日が秋祭り。

お神輿に行列、、、さぞ賑わっている事でしょう。

我が家は朝からさつまいも掘り。

昼食は早速 蒸かし芋にして。

安心して頂ける事に感謝しながら。

Photo_9

Photo_10 Photo_11 Photo_12  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やはり道具

秋は毎年 栗の炊き込みご飯と栗おこわを作る。

鬼皮を剥き、渋皮を剥いて大きい粒は四つ割り、小振りの栗は二つに切って笊に入れ半日 陰干しをしてから使う。

甘みが増し、崩れにくくなる。

毎回 ひとさし指に包丁の背が当たり痛い思いをしながらもせつせと剥く。

今年は「栗くり坊主」をゲット。

なんと、、、とっても楽に剥けてビックリ。

これだと度々 栗おこわが食卓にのりそう、、、。

 Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンプキンスープ

今年も沢山の南瓜が収穫できる。

でもどうしてか、、、お味がいまいち。

でもスープにすればOK。

一度に沢山作り冷凍保存。

必要なときはチンして牛乳で程よい濃さにうすめ、少々のバターと生クリームを入れて出来上がり。

貴重な我が家の栄養源。

 Photo Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「夜なべ仕事」

「夜なべ仕事」なんて言えば“おしん”の時代の辛い夜の仕事を連想するかもしれないが、、、私の「夜なべ仕事」の時間は至福の時間。

一日の雑用も済ませ、睡魔が襲って来るまでの手仕事の時間。

以前 紡いでおいた糸の防縮加工を済ませ、昨日ゲージも取り、いよいよセーターにとりかかる。

手紡ぎの糸の良さを最大限活かすにはやはりメリヤス編みの素編みが良い。

北風が吹く前に仕上げるつもり。目に「シンシを張って」。

 Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠っているケーキ型

子供が幼い頃 食が細い息子の為よくケーキやパンを焼いては食べさせていた。

その為 ケーキ型 、クッキーの型その他お菓子作りに必要な道具がワンサカ箱の中に眠っている。

最近は簡単に早く出来るパウンドケーキの型や丸い大きなスポンジケーキの型の出番が多い。

お客様がおみえになる事だし、、、そうだわ、、、モンブランに挑戦しましょ、、、と昔々の本も取り出し作ってみる。

季節の栗のケーキを頂きながら秋の夜長を楽しみました。

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリジナルのマット

今日の「羊ボランティア」は何時もの「泥んこ羊」のオリジナルの丸いマット作り。

とても好評でグループ展では何時も完売。注文が来る程人気の作品。

一枚 200gの羊毛を使い直系42cmのタライの中で作り上げる。

頭と手足だけが飛んでいるこのマット。

K先生がステッチで「ひつじ」に仕上げて下さる。

Yさんからの超美味しいアップルパイの差し入れで元気百倍。

とても作業がはかどった一日。

 1_3 2_2

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全粒粉のクッキー

全粒粉で作ったピザ生地の美味しさに味を占め今度はクッキーに挑戦。

ネットで調べ早速作ってみる。

生地は一晩 冷蔵庫でねかせ今朝から型抜きしてオーブンへ。

ほんのり甘くとても香ばしいクッキーがたった15分で焼き上がる。

そのままでも勿論美味しいがミルクチョコレートを湯煎にして溶かしクッキーで挟む。

ベリーグッド。

明日の「羊ボランティア」のおやつに持って行きましょ。 

参考にレシピを。

マーガリンまたはバター    50g

砂糖                25g

塩                 ひとつまみ

薄力粉              70g

全粒粉              50g

ベーキングパウダー      小匙 0.5

牛乳               大匙 2

ミルクチョコレート       約50g

マーガリンと砂糖を合わせ白くなるまで良く混ぜ、残りの材料も混ぜ丸くまとめ30分以上ラップして冷蔵庫でねかす。

3mmの厚さに伸ばし直径5cmの丸型で抜き、鉄板にオーブンシートを敷き並べ、フォークで穴を開け170度で15分焼く。

オーブンから出しよく冷まして、湯煎でとかし荒熱を取ったチョコをクッキーに塗り挟む。

注意  生地は薄い方が良い。3mmより厚くならない事。

     約30枚 出来る。

 1 2 3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田村 能里子展

ずっと以前 婦人雑誌か何かでこの人の絵をみてから大好きになり、一度是非 実物を見たいと思い続けて、やっと今日 念願が叶いました。

先日 「徹子の部屋」に出演され、京都の宝厳院に納める襖絵の事を知りました。

名古屋でも個展が開催されると聞き今朝から出掛けて来ました。

やはり間近で見る襖絵や他の作品のなんと素晴らしい事。

遠くまで足を延ばした甲斐がありました。

「タムラレッド」と呼ばれている独特の深い赤は私の大好きな赤。

たくましく又しなやかな女性の姿、手足の表情、、、どの作品も見ごたえがあり感動の幸せなひと時でした。

 Photo Photo_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試作品がゴロゴロ

何を作るにしてもデザインや配色の難しい事。

フェルトの小物で色々と試す。

今度こそ、、、今度こそ、、、と。

何時の間にか十一個のペットボトルケースが出来ている。

でもお気に入りはひとつかふたつ。

 Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全粒粉

0さんに分けて頂いた小麦粉と全粒粉を3対1でピザの生地を作る。

とってもコオバシイ何時もと一味違ったピザの出来上がり。

美味しくてペロリ。怖ーい食欲の秋。

 Photo Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山静岡空港

何時の事やら、、、本当に出来るのかしら、、、出来ても後の維持が大変かも、、、なんて思っていた空港がいよいよ来春 出来上がる。

初めて工事現場を見学に少し離れた専用の展望台へ出掛ける。

管制塔も滑走路も殆ど完成に近い。

車で十五分の所に空港が出来るなんて、、、。

さてさて、、、十万人余りのこの市はどのように変わるでしょうか。

 Photo_5 Photo_6 Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »