« 紡いでも、、、紡いでも。 | トップページ | 試行錯誤しながら。 »

スイッチを切り替えて

昨夜「キルト展へのお誘いがありました。《泥んこ羊》から出展しましょう」との電話を頂く。

それもフェルトを沢山つなげて一枚のタペストリーに仕上げるとの事。

30cm×30cmを三枚  一人のノルマです。

丁度 昨日セーター一枚分紡ぎ終え白の原毛が沢山残っている。

ちょっと試しにプレフェルトを作るがなかなかフェルト化してくれない。

メリノを20パーセント足してもう一度ゴシゴシ。

やっと試作品が出来上がる。

今日はすっかり紡ぎモードからフェルトモードに思考が切り替わって何を見てもフェルトにつながる。

 Photo_2Photo_3

|

« 紡いでも、、、紡いでも。 | トップページ | 試行錯誤しながら。 »

コメント

早速の行動力、脱帽、今年も眺めて終るかも!

投稿: そら | 2008年1月16日 (水) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145456/17696183

この記事へのトラックバック一覧です: スイッチを切り替えて:

» セーターの起源 [雑学博士になりたいっ!!,スイッチを切り替えて]
セーターは1891年にアメリカで作られたのが最初といわれています。いまでは、セーターは寒さをしのぐために着られていますが、もともとは運動選手が減量するときに、汗をかくためにきていたものなのです。セーターは羊毛の厚地の編み物で作られ、これが減量にいいと1981年にアメフトの選手が着始めたのが最初です。このようにもともとは減量用だったのですが、暖かいためいつしか防寒のために着られるようになりました。... [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 21時39分

« 紡いでも、、、紡いでも。 | トップページ | 試行錯誤しながら。 »