ドライイチジク入りスコーン

今日 初めてスコーンを焼く。
先日 ベニシアさんの番組を見てメモっておいた分量で砂糖を少し減らし、中に自家製 ドライいちじくと干しブドウを入れる。
超簡単で案外 美味しい出来上がりになる。

Photo

コブシの木の下で今年もヒガンバナが咲く。

Photo_2


Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二回目の毛洗い

二週間前より少し涼しくなった今日は「パオパオ」の日。
綺麗になった牛舎で毛洗いをする。
昨年まで外で作業していた事を思えばこの作業場は極楽。
直射日光にさらされる事はなく、やぶ蚊に悩まされる事もなく、作業ははかどる。
今日も四人で沢山 洗う事が出来た。
洗剤液に浸けている間も寸暇を惜しんでゴミ取りをする。

1_2


2_2

3

4

5


6

7


8

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域の敬老会

今日は地域の敬老会が開かれた。
今年は隣組 組長になっている為 昨日に続き8時からお手伝いに出掛ける。
75歳以上の招待者総数は510名。
出席者は106名。
出席された方達はさすがお元気な人達ばかり。
2時間半の楽しいひと時を過ごされる。


編みフェルトで小物入れを試作中。
綺麗な円に編むのが難しい~。


1_3

2_3

オリーブが随分 大きくなる。

1_4



| | コメント (0) | トラックバック (0)

薔薇の棘に要注意

柔らかい無花果はジャムに、、、、残りはドライイチジクにする。
皮はついたまま四つ割りにして140度で70分 オーブンで乾燥する。
熟していない方が綺麗に出来上がる。
ドライイチジクは冷凍保存にしておいて、、、、パウンドケーキを焼く予定。
 

Photo

 

Photo_2

涼しくなり少し元気が戻った為 気になっていた庭仕事をする。

薔薇「ニュードーン」が老木になった為 若い元気な株に植え替える準備をする。

Photo_3


Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狂った体内時計

体内時計が狂ってしまったのか ? 毎朝 4時過ぎには目が覚める。
思い切って早朝ウオーキングに出掛ける。
今年の夏は4時半頃 家を出発。
約一時間 何時ものコースを歩く。
 
9月に入り日が短くなった為 体内時計をリセットする。
今朝は6時半 出発。
稲穂がたわわに実るあぜ道には心地よい秋風が吹く。


1

2

ラベルを貼って完成。


4

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旬の果物で

あの猛暑が嘘のように一昨日から涼しくなる。
限界になっていた夏の疲れが少し楽になる。
 
一年振りにブログを再開された「山姥」さんのブログ更新がまたストップ。
気になりひとっ走り。
お元気そうだが、、、、、。
気長に意欲が戻るのをを待つことにして帰る。
 

Photo

Oさんの知り合いからイチジクを分けて頂く。

痛まない内にと夜なべ仕事で2㎏をジャムにする。

明日の朝食はヨーグルトに添えて、、、、。


1

2


3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋内で洗毛

今日は「パオパオ」の日。
今年初めて羊毛の「洗い」をする。
今まで作業をしていた牧舎がリニューアルされ見違える程 綺麗になり、今日の作業も屋内で出来るようになった。
今日は猛暑日。
老体に鞭を打ち四人で六頭分を洗う。

Photo_2


2_2


3_2


4

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔取った杵柄

歩いて200歩のスーパーでホオズキを見つける。
懐かしい~~。
鳴らしてみたくなり早速 買い求める。
上手に種を出せるかな ?

Photo

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終戦記念日

巣立ちをして丁度一週間。
昨日までコブシの大木の中で飛ぶ練習をしていた二羽の雛鳥が今朝はたか~い電線にとまっている。
でもまだ餌が取れなく、親から口移しで貰っている。
今日は72回目の終戦記念日。
朝から晩まで山鳩の話題で過ぎる我が家。
何時までもこの平和な日々が続きますように。

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気に入りは、、、桂の木

今年の夏はチョッと変。
今日も一日 湿度が高く、空はグレーでまるで梅雨のよう、、、、、。
晴れた日は五時半から泣き出す蝉も今日のような朝は八時前にやっと蝉時雨になる。
どうやら明るさと温度が関係するらしい。
コブシ、エゴ、ヤマボウシ、桂、ナツハゼ、オリーブ、夏椿の中で一番のお気に入りは桂。

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«海松色のマフラー