有難い移動販売車

久し振りにノラに会った。
気まぐれノラは家に何時もいない。
老猫のはず?なのに猛暑もものともせずお出掛けが大好き。
先日の大雨で山崩れを心配していた伊久美は被害はなくKさんご夫婦もお元気でひと安心。
また最近 「街のスーパーマーケット 「ヒバリヤ」の移動販売車が週2回 歩いて行ける場所に来るようになった」と聞きあん安心する。
高齢化が進み、街まで買い出しに降りてくる事が出来ないお年寄りにとっては命綱に違いない。
明日は我が身。
大先輩の話や暮しぶりは参考になる。


Photo


鮎が解禁なのに釣り人はたったの一人。

Photo_2


ワークショップで習ったカードケース。

綺麗に仕上げるのには数をこなさなければ、、、、。

1

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソーイングは楽し

最近はソーイングで明け暮れしている。

自分に合ったチュニックの型紙を取る事が出来た為、材質や色、丈を変えて。
ゆったりサイズのチュニックは風通しも良く着心地も良い。
同じデザインで秋、冬物も良いかも、、、、、。

Photo

梅雨も終盤になると柏葉紫陽花も終わりに近づく。

Photo_2

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羊のボランティアグループ 解散

久し振りに「パオパオ」の作業にデンマーク牧場へでかける。
今年の五月に刈り取った羊毛を洗いに。
でも20年以上続いた羊のボランティア活動も終わりに近づく。
牧場が本腰を入れ羊毛に取り組む事になった為、私達の手助けもいらなくなって来た。
長年に渡り習得した羊毛に関するノウハウはYちゃんが牧場のスタッフに伝授してくれる事になった。
牧場までの1時間の楽しいドライブがなくなるのがチョッピリ寂しい。  

Photo

Photo_2

3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満開のアガパンサス

近所からスモモを頂く。
暫く置くと甘酸っぱい香りがして来た為 皮と種を除きジャムにする。
押しつぶすだけで簡単に種が取れ、果肉の少ないジュース300グラムに100グラムのキビ糖を入れ、強火でいっきに煮詰めると綺麗なジャムの出来上がり。
(実物は苺色)

Photo

Photo_2


アガパンサスが満開になる。

1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体調が戻る

台風5号がやって来る。

風雨が強くなる前に装い始めた「半化粧」を切り籠に活ける。

直撃は免れそうだが頭が重い「柏葉紫陽花」や首が長いアガパンサスが心配。

Photo

肩凝りと唇のヘルペスがやっと収まる。 

昨年の草木染のウールを少しづつ糸にしなければ、、、、、。

ぶり返さないように恐る恐る短時間 紡ぐ。

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

程よい酸味

四日前にSさんから頂いたプラムが良い感じに熟してきた。
指で押さえると柔らかくて、食べてみると随分 酸味も少なくなっている。 
 
皮を剥き、粗く刻み、半量の砂糖を入れてジャムを作る。

13個で丁度 一瓶 出来上がる。

1


2


3

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海地方 梅雨入り

昨日 東海地方も梅雨に入る。
暫く 晴天続きだった為 ダウンしかけていた庭の草木が元気を取り戻す。
昨日の雨にもかかわらず大津谷川は濁りもなく、日に日に大きくなる鴨の雛達が水草を啄む。

2

1

3

雨に弱いカップ咲きの薔薇

雨水を多く含む為 気温が上がると痛みやすい。

1_2

2_2

3_2

Photo





| | コメント (0) | トラックバック (0)

軌道修正

寄り道や怠け癖が付き、暫く遠ざかっていた紡ぎ。

二日がかりで68グラムの双糸を紡ぐ。

やはり紡ぎは心を和やかにする。

Photo


紫陽花も終わりに近づく。

後の頼みはアガパンサス。

随分 蕾が膨らんで来る。

Photo_2

一重の白花山吹がまた咲く。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けたたましい鳴き声  ケリ

ウオーキングコースの田植えが殆ど終わる。
両側が田の田舎道を毎朝歩くとこの季節にけたたましく鳴く鳥を見かける。
警戒心が強く近づくと直ぐ飛んでしまう。
飛ぶと羽の裏側の白が目立つ。
野鳥図鑑を見ると鳥の名前は「ケリ」 チドリ科と出ている。
今 繁殖期らしく特に神経質になっているそうな。

Photo


Photo_2


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入梅近し

肩こりが殆ど治る。
「自分で病気?や故障を作らないように」、、、、と肝に銘じる。
いよいよ入梅が近づき色々の紫陽花が目を楽しませてくれる。

Photo


2


4


5




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 肩こりに泣く