コブシの巣は快適

朝のウオーキングの途中 東の空が赤く染まりはじめる。
急いで帰りデジカメでパチリ。

1

2

今年 三回目の山鳩の抱卵。

山鳩は使用済みの巣を何度も使う習性があるとPCで見た事があるが、、、よほど子育てに

適した巣の大きさと安全がそこにはあるようだ。

雛の巣立ちを確認するまでコブシの秋の剪定を遅らせよう。

1_2

2_2

株分けしたアガパンサスの移植場所を掘り起こす。

石ころだらけですぐに体力を消耗してしまう。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

cookpadを助っ人に

今日 午後 小さな木のおもちゃとお菓子を添えてブランケットを宅急便で送る。

Photo


Sさんが生姜を届けて下さる。

堀りたての綺麗な土生姜。

cookpadを助っ人に「甘酢漬け」を作る。

一年間も保存がきくようで重宝させていただく事でしょう。

1

2

3





| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊久美へ

天気予報が悪い為 急に「パオパオ」の作業日が休みになる。
ポッカり 丸一日がフリーになり、午前中は庭仕事に精を出す。
長年 植えたままのアガパンサスの株分けと植え替えに取り掛かる。
ギッシリ根が絡み堀り上げるのに一苦労。
大汗をかきながらスコップで堀り上げたところで朝の庭仕事を終える。
堀り上げた後の痩せた庭土に堆肥、腐葉土をすき込み、植え替えはまた明日。

1

2

3

午後から伊久美までひとっ走り。

織り上げたベビー用ブランケットを「山姥さん」に見て頂きたくて。

焼き上がったビスコッティをお土産に。

今ではすっかり大人しくなったノラちゃん。

よく喧嘩をして生傷が絶えなかったのに。

でも時々 凄味のある表情をする。

Photo

1_2

2_2

3_2


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーブンの季節 到来

昨日 姪が元気な男の子を出産。
予定日を一ヶ月も勘違いしていた私は大慌て。
今日 プレゼントのベビー用ブランケットを完成する。
試作を含め五枚目。
少し織りムラはあるもののやっと満足のいく作品となる。

Photo

涼しくなった為か夕食後 焼き菓子を作りたくなる。

近年よく作るビスコッティを焼く。

よく冷めるまで待てない為 完成は明日の朝に。

Photo_2

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さい秋 みーつけた

今朝の散歩中に「小さい秋」 みーつけた。

Photo

もうすぐ 姪が二人目を出産する。

前回と殆ど同じベビー用ブランケットを織る。

あと少しで織り上がる。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイルの整理

失敗作も含め四枚のベビー用ブランケットを織り終えチョッとひと休み。
以前から気になっていた「織りのファイル」をやり直す事に。
すっかり忘れていた作品の数々の「メモ」「使用した糸」それに写真屋さんでやいた「写真」が40余り。(当時はパソコン、デジカメ、プリンターは我が家にはなく)
「メモ」は表示ラベルにプリントして、「使用した糸」は最小限を袋に入れ、写真は台紙に張る。
なんと20年前の平成8年~平成12年までの「織りのファイル」がリニューアルする。
厚みのあったファイルがスッキリ。
何だか自分の気持ちまでスッキリ、スリムになる。
「断捨離」にハマる人の気持ちがわかる。

1

2

3

長かった猛暑と残暑もやっと終わりに近づき今朝は涼しい雨の朝を迎える。

季節は確実に移り、あの賑やかなセミの鳴き声は「ツクツクボウシ」の声を最後に

パッタリ止んで今は「虫の音」の合唱に代わる。

庭のあちらこちらに夏の「名残」が見られる。

8

9

7

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四枚目 完成

洗濯バサミで均一に撚りをかけて、お風呂の洗い場で水をかけしっかり足で踏む。
洗濯機で軽く脱水、生乾きの時に裏表を丁寧に起毛する。
でも思ったように縮絨しない為 もう一度 水をかけ、足で踏む。
やっと少し縮む。
糸     ウイスター ララベビー  中細タイプを使用。
      ブルー   2個
 
      クリーム  2個
      白      5.5個
 
筬    10cmー40目
      180cmー255本
 
織り上がり寸法
      56.5cm×145cm
 
仕上がり寸法
      53.5cm×140cm

Photo

1

3


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道具は洗濯バサミ

24日 無事 男児誕生の知らせをもらう。
三ヶ月後にはパパの赴任地 ドバイへ行ってしまう。
大急ぎで織り上げる。
房を作って 縮絨、起毛もして早く仕上げなくては。
房を作る小道具は、、、、、洗濯バサミ。
均一の撚りのかかった房が出来上がる。   

Photo

Photo_2

オクラの花粉。

デジカメとパソコンのお陰でまるで顕微鏡の世界。

コンペイトウのような花粉。

肉眼ではわからない花びらの突起。

Photo_3

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再度 挑戦

先日 二度の縮絨で仕上げたベビー用ブランケットはやはり地味。
生まれたばかりの赤ちゃんには色が強すぎる為 また薄色で織る事にする。
今度はクリーム色と薄いブルーを経糸に張り、緯糸は白にする。
前回と本数、模様は同じで織る。

Photo

初生りのオリーブの実

Photo_2

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二度の縮絨

一昨日 縮絨して脱水、陰干しをする。
でも」防縮加工をしている毛糸は殆ど縮まない。
綾織が固定しない為 裏、表を丁寧に起毛して、もう一度お風呂場で水をかけ、足踏みして縮絨させる。
起毛した為か少し縮絨して織り地が落ち着く。
脱水、陰干し、アイロン、もう一度 軽く起毛をして完成する。
10cmー40目の筬
180cmー256本    (6色  48 40 40 40 40 48  )
 
織り上がり寸法     仕上がり寸法
巾    59    →   57
丈   142    →   134

Photo

今日の収穫

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«猛暑にもめげずに